カテゴリー「2.私の著書など」の記事

目標管理

Photo
 いまの目標管理ではスタッフも育たないし、やる気も引き出せません。じゃあ、どうすればいいのか。「ナーシング・ビジネス」 2017年2月号(メディカ出版)の第一特集は目標管理。私一人で書きました。

| | コメント (0)

対人援助とコミュニケーション 第2版

Photo_2 2010年3月 中央法規出版

 2001年9月に出版した『対人援助とコミュニケーション 主体的に学び、感性を磨く』は増刷を重ねて第10刷となり、累積売り上げが18,000部を超えたところで、部分改定することになりました。時代に合うように中身を少々書き変えて、新たに付章として「効果的な学習方法」も加えて、先日、第2版が発行されました。

 ロングセラーとなっている私の著書の一つであり、読者の皆様に心より感謝いたします。私自身で教科書指定することもありますが、私だけではせいぜい2~3,000部だったと思います。私がいない所でも勉強会などで活用されているようで、ありがたい限りです。今後も「わかりやすく、すぐに使える」をモットーに、努力を続けたいと思います。

| | コメント (0)

人間関係とコミュニケーション -体験学習型ワークブック-

Mywork200912_2

2009年12月 建帛社

序.コミュニケーションの勉強法(1.コミュニケーションが苦手な若者たち、2.そもそも初対面での会話が苦手、3.「分かる」ではなく「できる」をめざす、他)
Ⅰ.利用者やご家族との人間関係とコミュニケーション(SESSION 1 ・・・メッセージを共有する意欲を高める、SESSION 2 ・・・言語と非言語でメッセージを共有する、SESSION 3 ・・・利用者満足を高めるメッセージを学ぶ、他)
Ⅱ.利用者や後輩職員との人間関係とコミュニケーション(SESSION 7 ・・・初心者をリードする方法を学ぶ、SESSION 8 ・・・成長させるアドバイスの方法を学ぶ、SESSION 9 ・・・自己決定の引き出し方を学ぶ、他)
Ⅲ.同僚職員や他職種との人間関係とコミュニケーション(SESSION 11 ・・・職場の人間関係の基本を学ぶ、SESSION 12 ・・・5つの心を知る。明るい雰囲気を作る、SESSION 13 ・・・理性的・合理的に話し合う、他)。

 2010年4月から始まる介護福祉士養成課程の新カリキュラムに合わせて出版。とはいえ、知識教育のための教科書ではなく、技術教育のための演習ワークブックであり、福祉職、医療職、教育職など、すべての対人援助職の学習で使えるように執筆。

| | コメント (0)

対人援助のためのコーチング  ―利用者の自己決定とやる気をサポート

Coaching 2007年7月 中央法規出版

1.コーチングとは? 2.ゴールを目指すコーチング 3.迷ったときのコーチング 4.困ったときのコーチング 5.よく使うコミュニケーション技法 6.ロールプレイでコーチングを学ぶ 7.プロセスレコードでコーチングを学ぶ 8.複数を相手にするグループコーチング 9. 一人でできるセルフコーチング 10.逆さまのピラミッドと目標管理 11.ティーチングとコーチングの使いわけ 12.コーチングFAQ

 ビジネス界ではブームが山を越したようですが、ブームが去っても必要なアプローチであり、「どのように現場に定着させるか」が今後の課題だといえるでしょう。カウンセリングやティーチングなど、他のアプローチも必要なのであり、それらとうまく共存させないと、医療や福祉や教育の現場では定着しません。対人援助の現場に適正な規模(範囲)で定着させるための出版です。コミュニケーション論などを専門とする社会科学者として、コーチングの可能性と限界を見極めながら、冷静かつ現実的な視点で執筆しました。

| | コメント (0)

利用者とうまくかかわるコミュニケーションの基本

Basics_of_communication2007年5月 中央法規出版

Ⅰ コミュニケーションの基本と学習方法
Ⅱ コミュニケーション・マインドとスキル&テクニック
 *コミュニケーション・マインド(無防備/間/熱意/傾聴/受容/共感)
 *言語的なテクニック&スキル(挨拶/尊敬語・謙譲語/気づかい・心配り/肯定的な言葉/開かれた質問/相づち/繰り返し/沈黙/明確化/要約/共感/指示 ティーチング1/助言 ティーチング2/支持  コーチング
 *準言語的なテクニック&スキル(声のトーン/声の大きさ/話の速度)
 *非言語的なテクニック&スキル(表情/目線/視線/姿勢/動作/装い/距離)

 禁煙鬱と闘いながらのつらい仕事だったが、出版社K氏の辛抱強さとセンスの良さで、わかりやすく使い勝手のよい教科書に仕上がった。

| | コメント (0)

コミュニケーション・スキルを磨こう ―医療・福祉サービス利用者とのよりよい関係を目指して(ビデオ)

video_communication_skill2004年8月 中央法規出版

〈第1巻〉 耳を傾ける(メッセージを共有しようとする熱意、マインドとテクニックとスキル、コミュニケーション・テクニック)、〈第2巻〉 語りかける(喜ばれる言葉と嫌われる言葉、準言語と非言語、ティーチング、コーチング)

プロの俳優さんたちの演技に感動した。ゼミ生にもアルバイトで出演してもらった。コミュニケーションは文字よりも映像の方が、伝わりやすいかもしれないと思った。

| | コメント (0)

看護にいかすリーダーシップ ―状況対応とコーチングの体験学習

book_nurse_readership2002年5月 医学書院

1 理論編(看護界におけるリーダー像の多様化、支配・統制するリーダーから育てるリーダーへ、「これか、あれか」から「これも、あれも」へ、柔軟なリーダーシップ・モデルの登場)、2 トレーニング編(リーダーシップ研修の実際、発達対応モデルに基づくトレーニング、場面対応モデルに基づくトレーニング)

ビジネス界でブームとなっていたコーチングを、看護界で広めようとする。ただし、ティーチングとコーチングの使い分けと言うコンセプトで執筆。

| | コメント (0)

対人援助とコミュニケーション ―主体的に学び、感性を磨く

book_support_communication2001年9月 中央法規出版

1 対人援助、2 コミュニケーション、3 コミュニケーション効果、4 トータルコミュニケーション、5 準言語的コミュニケーション、6 非言語的コミュニケーション、7 アクティブリスニング、8 受容、9 共感、10 コミュニケーション技法、11 リーダーシップ、12 指示と助言と支持、13 人間関係、14 会話分析、15 フィードバック

ひとまず集大成したつもり。いい本だと自分で思う。細々と地味に売れ続けている。

| | コメント (0)

人と組織を育てるコミュニケーション・トレーニング

book_communication_training2000年11月 日本経団連出版

1 コミュニケーション効果、2 コミュニケーション・トレーニング20

ビジネス界での久々の出版となる。月刊誌「人材教育」(日本能率協会マネジメントセンター)での連載原稿を整理し、まとめたもの。コミュニケーションに関する20のトレーニング方法について、進め方から必要物品まで詳述した実践書。研修講師や職場の教育担当者を中心に読まれている。

| | コメント (0)

利用者・家族とのコミュニケーション

book_client_family1998年4月 中央法規出版

1 援助的コミュニケーション、2 言語的コミュニケ―ションと非言語的コミュニケーション、3 介助・家事援助とコミュニケーション、4 コミュニケーションによる心の援助、5 家族のコミュニケーション

「施設介護から在宅介護へ」という流れの中、ホームペルパーブックシリーズの第3巻として出版される。大谷佳子先生や吉田直美先生にも執筆を分担してもらった。

| | コメント (0)