« 看護師不足への対応 本来の解決策 Ⅰ | トップページ | ワークショップのお知らせ:自立・成長を支援するリーダーシップ ―ティーチングとコーチングの使い分け― »

看護師不足への対応 本来の解決策 Ⅱ

2011english

同じく、厚生労働省のデータによると、看護師の退職理由は、1番多いのが出産と育児、2番目が結婚、3番目が他病院への関心、4番目が人間関係です。
結婚や出産のための休暇は分かりますが、そのために退職するとは、どういうことでしょうか。日本では確かに、看護師の多くを占める女性にとって、仕事と家庭の両立は、あいかわらず容易ではありません。しかし、それだけではなく、背後に他の理由もあると、私は見ています。それは、やはり、他の病院への関心や人間関係での悩みでしょう。
看護師の退職を防ぐためには、母親看護師の労働条件を改善するとともに、他方で、職場の理念(社会的使命)や経営方針を分かりやすく説明し、さらに人間関係の改善にも努めなければなりません。
  (図は厚生労働省「看護職員就業状況等実態調査結果」2011より 英文筆者不可)
What is the reason why nurses resign? As before, according to the data Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan ...published, that is as follows.
The most reason is childbirth & child care. The second is marriage. The third is interest in other hospital. The fourth is human relations.
I understand the holiday for marriage and childbirth, but I don't understand the resignation. As a matter of fact, women hold a majority in nurses, and it is difficult for japanese women to combine a career and marriage or child care. But I uspect there is another reason behind these reasons. It may be interest in other hospitals or trouble of human relations.
For prevention of the resignation, manager must improve the working conditions for mama nurses. On the other hand, manager must explain the mission and management policy in detail and improve the human relations.

|

« 看護師不足への対応 本来の解決策 Ⅰ | トップページ | ワークショップのお知らせ:自立・成長を支援するリーダーシップ ―ティーチングとコーチングの使い分け― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 看護師不足への対応 本来の解決策 Ⅰ | トップページ | ワークショップのお知らせ:自立・成長を支援するリーダーシップ ―ティーチングとコーチングの使い分け― »