« 真実の瞬間 -愛ではなくサービス | トップページ | パート労働とサービスの質 »

言葉かけ -読売新聞に取材記事

Photo_2

 20年も前に介護福祉士養成校の学生と一緒に取り組んだ研究が、未だに、ときどき紹介される。12月3日の読売新聞「くらし」面で介護時の言葉かけが取り上げられて、ヘルパーステーションの所長とともに私のインタビュー記事が掲載された。オンラインでも閲覧可能だが、こちらはしばらくするとアクセスできなくなると思う。http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33932

 なお、指示は嫌われるが、援助者は指示を出さざるを得ず、上手く指示を出すことが大切というのが、日ごろの私の主張である。なかなか上手く伝わらないというか、物事はそんなに単純ではないし、正確に伝えるのは難しい。

 言葉かけの研究をまとめた拙書『介護専門職のための声かけ・応答ハンドブック』(中央法規出版)は増刷を重ねて、20刷を超えるロングセラーとなっており、後追いで類似書も何冊か出版されるほど。高齢者への言葉かけに始まり、私はその後、患者への言葉かけ、学生への言葉かけなどと、医療、福祉、教育の分野全般へとテーマを広げてきた。

|

« 真実の瞬間 -愛ではなくサービス | トップページ | パート労働とサービスの質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真実の瞬間 -愛ではなくサービス | トップページ | パート労働とサービスの質 »